京都伏見旅行

京都の伏見に行ってまいりました。伏見といえば稲荷大社が観光の目玉のイメージが強いですが、伏見といえば酒蔵のメッカでもあります。今回は、当社で行っている外国人旅行客向けの日本酒ツアーのための勉強の意味合いも兼ねて、酒蔵巡りへ行ってまいりました。
伏見稲荷神社にも立ち寄りました。覚悟はしておりましたがものすごい混雑でした。。。
それに打って変わって酒蔵エリアは人混みは少なく落ち着いて周ることができました。海外での日本酒ブームもあるためか、外国人の方も多くいらっしゃいました。
北陸では、石川県の日本酒は旨口のものが多く、富山の日本酒はスッキリ辛口が多く、福井県はその中間でバランスが取れている日本酒が多いと聞いたことがありますが、京都も福井県に近いせいか、バランスのとれたものが多い気がしました。季節的にひやおろしの商品も多く楽しむことができました!

プレミア12って何


侍ジャパンがプレミア12で優勝しました。 プレミア12とは世界の野球の盛んな12か国が参加して優勝国を決める大会です。


プレミア12のプレミアの意味は、「最高の」とか「主要な」という意味のpremier(名詞だと「首相」の意味として使われる場合があります。)ですので、市町村の発行するプレミアム商品券のpremiumではないのでご注意ください。

ちなみにプレミアム商品券のpremiumは、購入した金額以上の商品が買える金券がもらえるので「割増金」の意味です。

Premiumには「割増金」以外にも似たような意味で「賞金、賞品、手当」の意味もありますし、形容詞だと「高級な」とか「上等な」という意味があります。ハイオクガソリンの事は英語でpremium gasolineと言います。またどういう訳か金融の分野では、保険料や保険の掛け金の事をpremiumと言います。

何でも言葉を略してしまうのが今どきの日本人でしょうか。希少性のあるものの価値が上がるとよく「プレミアがついた」と言いますが、これはプレミアムを略してプレミアと言っているものだと推測しますので、カタカナ英語は非常に厄介です。例えば、『小学生の頃に集めていたキン骨マンのキン消し(キン肉マン消しゴム)に200円のプレミアが付いた!』など。

最近のガチャポンは200円が一般的ですが、1980年代前半のガチャガチャと呼んでいたものは、10円玉を2枚入れる20円の機械が主流でした。当時、『ハズレ』としてゴミ扱いされて子供たちに疎まれていた雑魚キャラ「キン骨マン」のキン消しが四半世紀以上の歳月を経て10倍以上の値段で取引されているとは、当時の小学生は誰も予想していないでしょう。それとも私たちがプレミアと勝手に錯覚しているのは、単なる物価の変動でしょうか。

人生の節目で誰もが、何かと引き換えに大切にしていた宝物とお別れしてきたはずです。本人が悲しまないように家族がこっそり捨ててしまったケースもたくさんあるでしょう。

そんな昭和のおもちゃや道具にたくさん出会える場所が能登半島の和倉温泉にありますので、下記に紹介しておきます。

「和倉昭和おもちゃ館と博物館」
http://toymuseum.jp/

Trip to Kyushu!

For the recent long weekend, my wife and I visited Kyushu, because we’d never really spent much time there before. In this case, we mostly stuck to the northern part, around Fukuoka. One thing I’d heard about Fukuoka City is that yatai food stalls were a major part of the local culture. I’d always imagined that, say, there might be three or four out by major train stations, or something like that.
I couldn’t have been more wrong.
Along this river, at least on weekend evenings, there were dozens of these yatai. Probably as many as thirty or forty, with plenty of others scattered throughout the city: there were many more near the major train stations, and even just in various open spaces. We even saw one that was simply out on the sidewalk in front of a convenience store. This river is also kind of a famous part of Fukuoka City, apparently, and has the sort of large neon signs that Japanese cities’ nightlife districts tend to be known for.
I have a soft spot in my heart for the sorts of older, “animated” neon signs you’ll see in Japan that generally date back several decades. The pre-LED kind.
Our trip also took us to Dazaifu, home of Dazaifu Tenman-gu, a major shrine.
The train station architecture alone provided a solid sense of what to expect in terms of why this town is on the proverbial map.
Apparently, it’s common to come to the shrine to pray for success on, say, tests and other examinations, so there’s a ramen shop next to the station selling gokaku ramen, served in a pentagonal bowl. In Japan, wordplay is often a major part of things that are considered lucky or auspicious, and in this case, it’s based on the similarity between the words gokaku (pentagon) and gōkaku (successfully passing a test). The walk to the shrine was nice, with a number of charming old storefronts, and a definite theme of ume plums in their names and products. This makes sense: the shrine is a Tenman-gu shrine, dedicated to Sugawara no Michizane, or Tenjin, and ume plums are generally associated with him. (Come to think of it, Fukuoka’s nightlife district is also named Tenjin. I wonder if there’s any connection.)
A sweets shop named “Baien,” or “Plum Orchard”
Along the way, though, we also encountered one shop that didn’t quite feel like it fully belonged there, though it was very impressive nevertheless.
I have no idea why there was such a fancy Starbucks here, but… there was! The wood design continued inside, all the way through to the back of the shop. (Pardon the animated image; it was very difficult to capture the 3D feel of the design otherwise.) Not much later, we made our way to the shrine! It was nice.
We also made our way out to Karatsu, Saga for another event while we were in Kyushu: the Karatsu Kunchi festival. Float-based festivals are always fun, and this one was very impressive.
Each part of town has its own elaborate float, made mainly of lacquered wood, and people pull the floats around town with drummers and flute players aboard, sometimes even breaking into a sprint. At some points along the route, the groups come up very close to the edge of the street, where people were gathered to watch, and turn at the last moment.
A few of them, like this goldfish one, even have articulated parts! In this case, the fins move back and forth, and the whole top part is up on a pivot to tilt it forward and back. The floats tended to draw from mythology and history, with a few giant replicas of famous samurai warriors’ masks and helmets, as well as other designs like this treasure ship…
…and this shachihoko, a sort of mythical fish that you’ll often see on Japanese castle rooftops, as a way to ward off disaster.
On the way home, I couldn’t resist taking a few photos while we were at Fukuoka Station before getting on the Shinkansen to go home. We got castella cake from Fukusaya, a famous old shop that dates back hundreds of years. They’re based in Nagasaki, but they have a shop in Fukuoka, as well. Kyushu has a long history of sweets in particular, because for a long time, all of the sugar Japan imported came in through Nagasaki’s Dejima port, and as a result it’s common to add sugar to all sorts of cooking in Kyushu, even today. On the other hand, if I am going to be honest with myself, I took this photo mostly because Fukusaya’s logo made me think of Batman.
And with that, it was time to head home. Just one thing left to do before leaving:
Time to pick up some Kyushu souvenirs. Kyushuvenirs.

谷口吉郎・吉生記念金沢建築館

今年、金沢市にオープンした谷口吉郎・吉生記念金沢建築館。
https://www.kanazawa-museum.jp/architecture/

新しいもの好きとして早速行ってきたのですが、建築の専門知識がなくても展示物を追っていくと谷口親子の偉業と建築の楽しさに触れることができる素敵な施設でした。

特に印象的だったのが、金沢の風景を望むことができる2階のフロア。
そして、こちら。
窓枠、ベンチの角、床材の接合部がすべて一直線に。
意図的なものだと想像するのですが、こんな部分にまでこだわっているのですね。
入場料も安いので、気軽に行きやすいと思います。 ただ、駐車場がないので、その点はご留意ください。


谷口吉郎・吉生記念金沢建築館
〒921-8033 石川県金沢市寺町5-1-18
TEL:076-247-3031 FAX:076-247-3032

開館時間
9:30 – 17:00 (入館は16:30まで)

観覧料金
一般310円 [260円]、65歳以上210円 [210円]、高校生以下無料
*[ ]は20名以上の団体料金
*特別展は別途料金が発生する場合があります

休館日
毎週月曜日*月曜日が休日の場合はその直後の平日
/年末年始 *12月29日から1月3日
*展示資料の整理のため休館することがあります。

にわかラグビーファン

ラグビーが熱い。
真のにわかファンだが、熱心に観ている。
不思議に思うのは、その用語だ。
”ノットリリースザボール”とかいう、笑っちゃうぐらい英語そのまんまのファウル名もあれば、”ジャッカル”という、狼の名前ような技もある。
実際、選手が団子状態のときに姫野のジャッカルは決まっているので、一体全体ジャッカルとは何なのか、まだ謎である。
ボールを前に落とす”ノックオン”。 これを覚えてからは、自分で何か前にものを落とすたびに、あぁ、ノックオン取られた と思ってしまう。落とすときはなるべく後ろに。
ラグビーをやってみたいが、メガネかけたままじゃ難しそうです。
何度観ても美しいので、稲垣のトライ動画を貼っておきます。