会社ブログ、スタート

これまで一部のスタッフはブログを持っていましたが、会社のメンバーが順番に更新するスタイルに変更することになりました。

テーマは決めずにそれぞれのスタッフの個性を感じていただける内容になればと思っております。

特に社内スタッフはお客様とお会いできる機会が少ないことから、ブログを通じて緩やかなコミュニケーションを図ることができたらステキなことではないか、と思うのです。

ご笑覧いただければと思います!

Off the Beaten Path: Yokai Street and Halloween in Japan

In the past three or four years, it has been almost impossible to not notice Halloween making a rapid transition in Japan from “not really a thing at all” to “very much a thing,” though in practice it’s hard to say how much of the modern traditions of, say, American Halloween have been adopted.1

That old traditional favorite, blood glasses

What is most interesting about Halloween in Japan, arguably, is not the fact that Japan has more than its own share of ghost stories and other eeriness, but the fact that so little of it seems to wind up overlapping with Halloween — summer is the season of ghost stories in Japan, or at least that seems to be the stereotype.

In their defense, these ghost breads are positively adorable.

In Kyoto, however, there is a little shopping street, only about 400 meters long, that has benefited perhaps more than most from Japan’s newfound interest in autumnal spookiness. Drawing on local folklore from a thousand years ago,2 this little street rebranded itself as “Yokai Street,” named after the yokai monsters from Japanese folklore, in the hopes of drawing visitors to stir up business and revitalize the local shops. One of the main signs you’ll see of this is little figures of traditional creatures from folklore out front of the shops, often made from whatever the shop sells, or sometimes just folklore-based variants on common things like the “watch for children” sign.

Watch for cyclops children at play

CURRENT MOOD:

The local temple also holds semi-regular Mononoke-ichi art and craft markets, where visitors can buy coasters, sculptures, socks, art books, and more, all of it with a monsters-from-Japanese-folklore theme, or at least, say, eyeballs or white foxes. Depending on the season, you might also be able to get yourself a special bowl of shaved ice.

Current tally: 2 sad, 1 happy

One of the biggest events for this street, though, is a revival every several months of an old tradition based on the same legend: the Hyakki-yakō, or, essentially, “night of a hundred monsters.”3 As night falls, people crowd this street for a parade of monsters and ghouls, organized as a revival of the sorts of costumed parades once held in this part of Kyoto, many centuries ago.

Lanterns and fursuits!

Tengu guy wearing legitimate tall and narrow geta sandals! (not pictured

More foxes, or maybe cats? I am not good at animals.

Fox mask done in makeup, with cool weird contact lenses!

The “HAPPY HALLOWEEN” banners decorating the shops on the next street over last weekend may have been more conventionally Halloween-themed, but Yokai Street certainly felt much more in the spirit of the holiday. Perhaps that’s why they scheduled the parade for October.

For more information on Kyoto’s Hyakki-yakō and Mononoke-ichi events, check out their web site (in Japanese only). Their next event, as of this writing, is schedule for the second half of December: they’ll actually be visiting Tokyo to hold a Mononoke-ichi market there!


  1. Trick-or-Treating still seems decidedly exotic, but on the other hand, Halloween decorations can be seen popping up everywhere. The decorations have been generically “Christmas” or “Valentine’s Day” enough that it has led my wife and me to occasionally jokingly refer to them as “Merry Halloween” decorations. Lots of orange and black around, though, in any case. 
  2. During the Heian era (794–1185), at least in this part of Kyoto, it was said that old household tools and items thrown out while cleaning your home would hold grudges for being disposed of so coldly, so the tools decided to become monsters of various sorts to take their revenge on those who threw them out. As a result of this belief (or legend), there were nighttime parades held in this area centuries ago where people would dress up like these monsters. 
  3. Interestingly, this phrase is also used in a non-literal sense to refer to a state of utter chaos. 

髪型もキマっている。負けるわけがない。

こんちわっす。営業の宝島(ほうしま)です。

何十年かぶりに社会体育大会に参加しました。

家族に良いところ見せようと思ってパン食い競争に参加しました。いい歳の大人(わたし)が大衆の面前でなかなかパンを咥えられず中腰で口をパクパクさせる姿は公開処刑なのか。

※最近のパン食い競争は、食べ物を粗末に扱わないようにあんパンが袋に入ったままぶら下がっており、咥えにくくなっています。

しまいには係のおじさんに「手で取って行ってもいいよ」と言われる始末。

さて、メイン競技と言えば町会対抗リレー。我が町会のアンカーは、アスリート然とした体型のいかにも走りそうな男性。髪型もキマっている。負けるわけがない。

他の選手も足の速い人が集まっている。午前中の予選は余裕で通過して、大会フィナーレの決勝では2位に半周も差をつけて優勝したのには驚きました。

もっと驚いたのは、「あんなハリネズミみたいに走る人ばっかりやったら、そりゃ勝てるわ」と嫁が言ったことです。

速く走ることを「ハリネズミのように走る」と形容するとは。

たとえ方のクセがすごいんじゃ!

 

 

パンダ

子パンダの名前がシャンシャン(香香)に決まり、世間はちょっとしたパンダブームです。

そこで、パンダについて少しだけ調べてみたのでご紹介します!

・第6の指を持っている

・竹を何時間もひたすら食べ続ける
—>どれだけ食べても4500 kcal ぐらいしか取れない

・このため、あまり動かないことによってカロリー消費をセーブしている
—>いつもゴロゴロ

・木登りは好きだが、まれに降りられなくなる

・クマ科とは思えない人なつっこさ

引用元>
http://www.panda-kan.com/
http://www.ueno-panda.jp/

 

奥能登国際芸術祭(10/22まで開催中!)

奥能登国際芸術祭が石川県の北端にある珠洲市で開催中です。
会期は9月3日~10月22日までの50日間です。
http://oku-noto.jp/

国際芸術祭といえば、日本国内であれば瀬戸内国際芸術祭が何といっても有名でしょう。
以前に旅行で直島や豊島、犬島といった瀬戸内の島々で展開されるアート作品群に魅了された経験がある自分としては、瀬戸内国際芸術祭の総合ディレクターである北川フラムさんが奥能登国際芸術祭でも総合ディレクターを務めるとあって、ずっと楽しみにしていました。

開催直後の先日、珠洲市に行ってきました。


Google Mapのリンク

数字がある場所に作品が設置されています。珠洲市全域でかなり広範に渡っているのがわかります。

金沢から向かうと30番のあたりが珠洲市の入り口になるため、30番の作品がある見附島から鑑賞をスタートしました。

あれ? えらくゴミが流れついてるなと思ったら、これが作品でした。
不思議な光景ですね~

アート作品について細かな説明は野暮だし、ぜひ現地で確かめてほしいので、説明は省略させてもらい、訪れた順番に画像を貼っておきますね。

気になったらぜひとも実際に珠洲市に行ってみてください!

 

一見すると意味不明な印象を受けるかもしれませんが、現地で体感すると印象がガラリと変わるはずです。
実際に現地まで行くことの価値がありますね。

1日で全部を見て回ろう!と意気込んでましたが、半分ほどしか回れませんでした。近いうちに再訪して気になっている作品を全部見てこようと計画中です。

アート作品を見ながら珠洲市内を転々していると、自然と珠洲市への理解が深まって、アートを通じて珠洲市のことが好きになってくるんです。珠洲市には何度も行ったことがありましたが、知らないこと、知らない場所がたくさんありました。
これこそが芸術祭を開催する意義だと思うし、とても素晴らしいことですよね。作品の管理や説明を地元のボランティアの方々が中心になっていて、地元の強いバックアップの基に芸術祭が開催されていることも意義深いと感じました。

昔ながらの景観と豊かな自然が残る珠洲市は、オリジナルな場所だと思うので、芸術祭をきっかけに訪れてファンになる人が増えることを強く願います。

この芸術祭は今後も3年に1回の頻度で開催が決定しています。
アートを通じた地方の活性化が楽しみでなりません。

 

 

中国代表銘茶紹介(一)

鉄観音

特徴:半発酵茶

烏龍茶の一種であります。中国福建省を中心とした地域で生産されています。

効果・効能:抗酸化作用、動脈硬化の予防、二日酔いの改善、脂肪排出効果、ダイエット効果、虫歯予防、糖尿病の予防改善など

プーアール茶

特徴:発酵茶

散茶と緊圧茶(茶葉を圧縮成形して固めた加工されたお茶)の2種類あります。中国雲南省で生産されている黒茶です。

効果・効能:コレステロール値を下げる、ダイエット効果、胃腸の弱さを改善、冷え性の改善、利尿作用、下痢、便秘改善、消炎解熱、抗菌など

武夷岩茶(肉桂)

特徴:半発酵茶

烏龍茶の一種であります。原産地は中国の福建省武夷山です。「健康の宝」とも言われ、高級茶として高い香りを持ち、しっかりした味わいが魅力な銘茶です。

効果・効能:抗酸化作用、免疫力を高める、放射線予防、がんの予防、胃炎予防、下痢止めなど