会社ブログ、スタート

これまで一部のスタッフはブログを持っていましたが、会社のメンバーが順番に更新するスタイルに変更することになりました。

テーマは決めずにそれぞれのスタッフの個性を感じていただける内容になればと思っております。

特に社内スタッフはお客様とお会いできる機会が少ないことから、ブログを通じて緩やかなコミュニケーションを図ることができたらステキなことではないか、と思うのです。

ご笑覧いただければと思います!

SILENCEを読んで

 

営業の宝島っす。

遠藤周作の「沈黙」を読みました。

読んだと言っても日本語版は読んだことはなく、今回は英語版の方を読みました。ちなみに昨年(2016年)、マーティン・スコセッシ監督で映画化もされております。

小説の舞台は17世紀、江戸幕府による禁教令が出された頃のお話です。

日本語版は冒頭から難解な日本語のオンパレードで堅すぎてなかなか読みたい気持ちになれなかったのですが、英語版を試しに読んでみると割とスムーズに読み進めることができ、最後まで読めました。宗教的で難解な語句や目にしたことない単語は多く出てきますが、構文的な難しさはそれほどなく、話の筋が予想しやすいので辞書を引くのを面倒くさがらなければ、割と読みやすいと思います。重厚なテーマの文学作品で所々に残忍な描写はありますが、ロードムービー的な要素も多分にあり、予想していたよりも楽しんで読めました。とは言っても、実際に江戸初期に行われていたキリシタン弾圧をテーマにしているので、架空の物語とは言っても何か心に深く感じるものがありました。

ネタバレしてしまうといけないので、あまり内容には触れませんが、タイトルの「沈黙」というのが、当時弾圧された人達の苦しみや悲しみをよく表している暗示的なタイトルとなっています。特にキリスト教がというわけでなく、宗教というものの意味を改めて考えさせられる内容です。

よく昔から言われているように、小説の映画化されたものはガッカリすることが多いですが、この作品も例に漏れず小説の方が良かったです。最初に映画を観る方が楽しめるかもしれませんね。映画版は、小説を割と忠実に再現しようとしているようですが、個人的にはもう少し心理描写や心象風景などを映画ならではの重層的な演出で表現して欲しかったと思います。

図書館で偶然みつけたこの「沈黙」の英語版「SILENCE」。難解な日本の文学作品でも英語版から入ることで、途中で挫折することなく最後まで楽しめるという新しい気づきを得た実りのある邂逅となりました。

 

http://goo.gl/TsfHSz

 

 

 

モロッコ現地視察第二弾

究極の甘さのミントティー!

モロッコでのお茶についての体験を述べます。他のイスラム国については行ったことが無いのでモロッコについてだけです。予備知識を仕入れないままに出発したので、現地では「おおっ」と驚くことがありました。

訪問した先々で、必ず出されたのが、日本のお茶にあたる「ミントティー」です。小さめのグラスに、半分ぐらいの中国茶、砂糖、そしてミントの葉の風味が詰まっています。だいたい想像できると思いますが、ミントはスーッとした香りで、疲れが取れるような気がしませんか? ところがすごく甘いのです。お茶の量は少ないのに角砂糖が5,6個以上は入っているようでした。

 

ムハマド5世大学で出されたミントティ

日本ではお茶に砂糖を入れる習慣はありません(中国ではペットボトルのお茶は甘いです)が、イスラム圏では甘い飲物が好きなようですね。

ムハマド5世大学を訪問した際にもミントティーが出されました。香りはすごく好きなのですが、残念、酸っぱいもの好きな私には甘すぎて、ちょっとなめるだけでした。一緒に行った仲間の中には、ミントティーが気に入った人もいて、全部飲み干していました。

モロッコ料理のレストランでは、ミントの葉をたっぷり入れているお店もありました。

たっぷりミント葉ティー

モロッコ人はこれを一日に何倍も飲むということで、糖尿病を心配しましたが、まさしく国民病の一つに挙げられていると聞きました。

スノーピーク山井太さんのお話を聴いて

先日のことですがスノーピークの本社を訪れて山井太氏のお話を聴いたことがとても印象に残っているので、ブログに記しておきたいと思います。

まずスノーピークについて。
https://www.snowpeak.co.jp/

新潟県三条市に本社を置く、世界を舞台に活躍するキャンプ用品メーカー。その品質はキャンプ愛好家の間では憧れとなっているそうです。
カンブリア宮殿で取り上げられるなど、非常に注目を浴びている企業です。

私はキャンプをしないのでスノーピークの製品を使ったことはなかったのですが、山井社長自身がキャンプ愛好家で1年の大半をキャンプ場で過ごしてユーザー目線の商品開発を大切にしている、という話をどこかで聞いて面白い会社があるものだな、と頭の片隅に残っていたので、知人からのお誘いでスノーピーク本社に訪問できるときいて、すぐに申込みをしたのでした。

本社はさすがと言いますか、非常に洗練された建物でした。三条市の郊外にある野山のなかにドカンと現れるのですが、良い意味でロケーションにそぐわないオシャレな建物が個性的です。

その本社の会議室で山井社長が経営について話をされました。

お話の枠組みは画像のスライドにある通り。

①AIに取って代わられる仕事が増える。新しいことを創造するのが人間の仕事である。

②企業経営には理念が重要。会社の目指すべき方向を明確にしなくてはいけない。

③顧客・社員・情報が集まるには経営者のパッション(熱量)が重要である。

そのなかで特に印象に残ったのが②でした。

経営者は会社の目指すべき方向を明確しなくてはならない。
山井社長は「真北の方角」という言葉で言っていました。

コンパスに例えて理念について説明されていたのですが、
方向が1ミリ違うと最初はわずかな誤差であっても、1年後ましてや10年後には大きなズレになる。自分たちの「真北の方角」を見極める先見性、知性、そして哲学が企業経営にはとにかく重要である。

会社だけではなく個人にとっても「真北の方角」を見極めることはとても大切ですね。

スノーピークの真北の方角をまとめたものが現在の理念であるそうです。
The Snow Peak Wayと名付けられた理念がウェブサイトにも載っています。
https://www.snowpeak.co.jp/about/01missionstatement.html

私達スノーピークは、一人一人の個性が最も重要であると自覚し、
同じ目標を共有する真の信頼で力を合わせ、
自然指向のライフスタイルを提案し実現するリーディングカンパニーをつくり上げよう。

私達は、常に変化し、革新を起こし、時代の流れを変えていきます。

私達は自らもユーザーであるという立場で考え、
お互いが感動できるモノやサービスを提供します。

私達は、私達に関わる全てのモノに良い影響を与えます。

 

The Snow Peak Wayは山井社長が会社を継がれた際に、その時のメンバーに「自分たちのミッションはなにか?」について考えてもらい、書き出してもらったものを、社長がまとめた内容ということでした。
その後、社長はこの考えを社内で言い続けていたそうで、現在のスノーピークがあるのはThe Snow Peak Wayを作ったことが最も大きな要因だ、と断言していました。

全体会議や入社式など、多くの人が集まる場所でみなさんで唱和するそうで、その度に「素晴らしい内容だな」と社長自身が胸が熱くなるほど、深く信じ愛している理念とのこと。

エクスプレッションズの理念
「外国語サービスの提供を通じて、社会の国際的な発展に貢献します。」

The Snow Peak Wayのように磨き高めていくことが、より良い会社にするために必要なことではないか。
そんな風に考えるきっかけを得ることができた貴重な体験でした。

モロッコ現地視察第一弾

モロッコの言語

JICA北陸のモロッコ視察団(11/12~11/19)に参加して、モロッコの異文化を体験しました。第一弾はモロッコの言語についてです。

成田での出発集合写真

現地通訳者さんと、現地の大学で日本語を教えているシニアボランティアさんからお聞きした話です。

モロッコの公用語はアラビア語とベルベル語(文字は象形文字のよう)で、アラビア語は標準的なアラビア語ではなく、モロッコ独自の発音があるアラビア語です。青年海外協力隊でモロッコへ派遣されるボランティアの人はモロッコのアラビア語を学ばなければ現地では通じないそうです。ベルベル語は北アフリカの共通語です。

モロッコではサインは必ずアラビア語とフランス語の2か国語が併記されていました。

驚いたのは、モロッコでは小学生1学年から授業でアラビア語とフランス語の2言語を学ぶということで、そして高校から英語が入ってくるそうです。それでモロッコ人はフランス語がペラペラというのはうなづけます!難なく2言語を操っている様子はうらやましい限りです。日本も小学校低学年から、日本語ともう一言語(英語?その他?)を早期授業に取り入れれば世界がぐっと広がるのに、と日本の教育改革の遅さを感じます。

ビジネスや公式の場ではフランス語がメインで、次に英語らしく、アラビア語はほとんど耳に入ってきませんでした。ホテルのフロントでもフランス語ですが、耳障りが良くとても心地よいです  私は内容は分からないのが残念です!

フロントの女性にスカーフを巻いてもらいました。

同行している現地の通訳者は、アラビア語、フランス語、英語、日本語を話せるということで、重宝されていました。

フランス語を話せることができれば、モロッコ以下、アフリカ大陸の北部はビジネスでもカバーできるということでした。

 

 

 

カニ面ポテチ買ってみた。

ポテトチップス石川の味「金沢おでんカニ面味」
セブンイレブンで見つけたので、買ってみました!

1、2枚だと味がよくわからないです〜。
出汁の感じがコンソメ(洋風)っぽく感じるのはポテトだからかな?
でも食べているとほのかにカニっぽい風味が出てきました。
たくさん口に入れた方が、カニの味がよくすると思います。

石川の冬の食材のひとつ、
香箱蟹(こうばこかに/ズワイガニ[加能ガニ]のメス)も
解禁になりましたね。
小ぶりで身は少ないですが、内子とか卵とか…美味しいです!
昔はよく食べましたが、最近はすっかり高くなってしまって
(加能よりは安いですが)
気軽に食べる感じではなくなってきてしまいました…。

そういう意味では、香箱カニを直接食べるより、
ポテトチップスなら、気軽に「金沢おでんのカニ面」を味わえますね(笑)

カニ面ポテチは中部7県で11月13日から12月末まで
限定販売しているそうです。