目玉焼きのお話。

朝ごはんの定番、目玉焼きですが、
英語では色んな表現があることをご存知ですか?

・Sunny-side up:片面焼き
白身は固め、黄味は半熟の、いわゆる日本人にとっての”目玉焼き”。

・Turn over:両面焼き
Sunny-side upを裏返し、両面焼く方法。
欧米人は生卵が苦手だったり、オーストラリアではそもそも推奨されていないので、白身にまんべんなく火が通るこの調理方法が主流だそう。
→更に黄味の焼き方は以下3種類から選べます。
・半熟の場合:over easy
・やや焼きの場合:over medium
・しっかり固めに焼く場合:over hard

・Basted egg:蒸し焼き
少量の水を入れて、蒸す方法。

海外のレストランで朝ごはんを食べる時、卵の調理方法はほぼ絶対聞かれるので、自分好みに伝えられるように、覚えてみてください;)