タピオカ

タピオカブームの波が金沢にも来てます〜。
ここのところ石川でもタピオカドリンクを
扱っているお店が増えてきました!

「タピオカミルクティー」は1980年代、
台湾が発祥で、それから全世界へ。
今やタピオカは世界的なブームになっています!

実は「タピオカ」と呼ぶのは日本だけのようで、
原料のキャッサバのデンプン製造法を、
ブラジルの先住民のトゥピ語で「tipi’óka」と
呼ぶことからきているそうです。

発祥の台湾での呼び名は、
・珍珠奶茶 [zhēnzhū nǎichá] (ジェンジュナイチャ)
・波霸奶茶 [bōbà nǎichá] (ボバナイチャ)
「奶茶」はミルクティ、「珍珠」は真珠、
「波霸」は波という漢字から泡も想像しますが、
なんと胸の大きい女性(巨乳)という意味があるそうです。

世界的にも発音は違えども、
意味としては同様に以下のものが多いです。
・パールティー [pearl tea] (真珠)
・バブルティー [bubble tea] (泡)

よく聞くところで、
ハワイでは「モミティー」 [momi tea] (モミは真珠)、
アメリカでは地域によるようですが、
波霸奶茶(bōbà nǎichá)の発音から取って
「ボバティー」という呼び方もあるようです。

いずれにしてもイメージしやすく、
ユーモアのある名付けですよね〜。
なぜ日本だけブラジルの先住民のデンプン製造法の
呼び名からとったのかは謎なところです…。

でも「タピオカ」という響きは、
南国っぽくて異国の飲み物って感じはします。

私からすると、タピオカといえば
「タピオカミルクティー」のイメージなのですが…

今回の第三次ブームは今までと違って、
タピオカ(ミルクティー)
→タピオカ(ドリンク)
→タピオカ(スイーツ)へ進化をしています!


ミルクティーだけでなく、
いろいろなドリンクと組み合わせたり、
かき氷やアイスのトッピングになっていたり。

また日本でのタピオカといえば黒いイメージですが、
元は白いタピオカで、黒いタピオカは
カラメルなどを加えて色を付けたものだそうです。

このブラックタピオカの他にも、
いろいろな色のカラータピオカがあるそうですよ。

見た目も映え(バエ)て、
夏にぴったりのタピオカ。
まだまだブームは続きそうですね!

進化したタピオカドリンク、
飲みたくなってきました♩

Wordplay Isn’t Limited to Native Speakers

One experience that has stuck with me was an evening when my wife and I were getting dinner with a couple of coworkers of hers who are from Israel. The conversation turned to halva, a dessert popular in many countries, including Israel, and my wife — a fond lover of puns — mentioned that they should have a brand of halva called “Halva Nagila,” after the Israeli folk song “Hava Nagila.” They both briefly stopped and kind of stared into the middle distance before going “…OH, okay, now I get it.” Apparently, in Hebrew, the two words do not sound similar in the same way that they do in English.

At the same time, though, I’ve had plenty of experiences with this phenomenon in Japan, with English. Even back in 2005, during a study abroad program…

…the school festival that fall had the theme of “All You Need is Laugh,” which sounds obviously strange in English simply because the parts of speech don’t really work, but it’s less obviously so in Japanese, partially because the subtle distinction of why “laugh” sounds weird there isn’t intuitive (“laugh” can be a noun, but “laughter” would be more natural here), and also because the vowel sounds of “love” and “laugh” both reduce to the same equivalent sound in Japanese.

Here’s a product with a name I’m really fond of!

The Japanese word for mackerel is saba, and in Japanese, “v” sounds are generally reduced to “b” sounds because “v” isn’t a sound native to the language. The result: canned mackerel with the name “ça va?” (“how’s it going?” in Spanish).

Here’s a unique foodstuff with a unique name:

Unsurprisingly, “New Yolk” is meant as a play on “New York,” and I can’t really fault them for going with a name like that. Incidentally, I can’t let this go by without noting that the sign in the bottom right advertises “the world’s hardest-to-eat hot dog,” and the sign in the top right suggests that they may have a strong claim to the title.

This one takes advantage of different naming conventions in Japan:

In Japan, it’s very common for a business to put what kind of business it is at the beginning of the name, rather than optionally at the end, like in English (i.e. something like “Ramen Ichiro” is far more common in Japan, instead of something like “Ichiro’s Ramen” that would be more natural in English). In this case, it’s a bar with what appears to be a finance motif — a web search suggests that they have big-screen TVs inside over the bar showing some sort of data visualizations — and even though the logo is clearly a line chart, I couldn’t help but absolutely love the way the name works.

Sometimes, though, the wordplay can work just as well in both languages!

This restaurant is named for the fact that it’s run by the Iwai family, and because the restaurant specializes in hamburgers, steak, and other “American” foods, they wanted an “American-sounding” name, so they went with “E.Y.’s,” not because the letters stand for anything in particular, but because it sounds like “Iwai.”

Finally, we have one more that I’m honestly not sure about!

I love this name, but I don’t actually know if it’s meant to be a play on The Da Vinci Code or not! Is it a clever pun in English, or is it a play on the tendency of many Japanese speakers to de-voice voiced consonants at the end of some loanwords (i.e. “bed” becomes “bet,” or “bag” becomes “bak”)? Or maybe the owner just likes Leonardo da Vinci? It remains a mystery. The coats in the window looked quite nice, though.

Hello! I’m Greg, an American who has lived in Japan since 2008. I have a tremendous fondness for both reading and writing, which helps out quite a bit in my work as a translator: after all, at its core, the job is built on writing. I’ve always been fascinated with languages, and how they can differ in how they treat even seemingly basic, fundamental things. In particular, there are many common Japanese words that have no good English equivalent, so finding a good way to translate them can be a really interesting challenge.

 

My other hobbies include cooking (Serious Eats is one of my favorite websites, and I cook dinner from scratch nearly every evening), playing games with friends (both tabletop and video games), calligraphy (both English and Japanese, filling an A6 page with some sort of calligraphy practice every day for the past few years), photography, and a long-held interest in computers (as a teenager, I installed operating systems recreationally).

 

I also drink too much oolong tea.

クリムト展

先日、クリムト展に行ってきました。
クリムト展公式サイトより、絵画写真を引用させていただき、
作品の一部をご紹介。
https://klimt2019.jp/

オイゲニア・プリマフェージの肖像

©豊田市美術館

鮮やかな色彩と印象派の要素を取り入れた絵のタッチが
大変美しく、いつまでも眺めていられる作品。
全体の色合いが凄く素敵です。

女の三世代

©Roma, Galleria Nazionale d’Arte Moderna e Contemporanea. Su concessione del Ministero per i Beni e le Attività Culturali

デザイン要素の強い作品が多いのもクリムトの魅力だと感じています。
特にこの作品は、全体的に”今っぽい”というか、”オシャレ”というか。
絵画というよりもイラストに近いような印象です。
あの時代に、この絵を描ける感性を持っていたことが驚きです。

ユディトⅠ

© Belvedere, Vienna, Photo : Johannes Stoll

ジャポニズムの影響を受けている作品も多くあります。
これは、金箔を使用した作品で、クリムトの代表作でもあります。
金箔の華やかさと、女性の優美な表情がなんとも言えないコントラストで、しばらくぼーっと見とれてしまいました。
金沢は金箔の産地なので、勝手に共通点を感じて嬉しくなりました。

オススメのレストラン?

「オススメのレストランを教えてください」と外国人旅行者のお客様からよく質問されます。

レストランのオススメは簡単なようでなかなか難しいのですが、いつもオススメするお店の共通項を考えると次のような点があります。

・フラッと行っても(当日予約でも)、席があること

・英語メニューがあること(できれば英語を話すスタッフがいる)

・価格がそれほど高くないこと(1名あたり1万円は超えないくらい)

・地元民にも愛されていること

 

特に最後の「地元民にも愛されている」は、旅行者がレストランを選ぶ大きな基準になっていると感じています。ローカルな雰囲気を味わうことが、旅行の大きな醍醐味のひとつになっているようです。

なので、私自身が好きなお店を紹介することが前提となります。

ご紹介しているレストランは数多くあるのですが、特に評判が良いお店をご紹介します。

〇風和利

尾張町にある町家を改装した居酒屋です。

上記の条件をすべてクリアしていることと、私たちが運営する施設からも近いので、本当によくオススメしています。

お料理の選択肢が幅広く、席数が多いこともあり、多様なお客様を受け入れてくださる素敵なお店です。

 

〇PLAT HOME

彦三にある居酒屋というか、創作和食というか、一般的な分類におさまらないユニークなレストランです。

旬の食材を使ったお料理はどれを食べても美味しいです。お店に行くと、必ず外国人の姿を目にしますが、それほど人気が高いのだと思います。

 

〇AT-SUSHI

小将町にあるお寿司をメインにしたレストランです。

静かな住宅地にあるのであまり知られていない気がしますが、海外で勤務経験があるシェフによるお料理をとてもリーズナブルな価格で提供されています。

 

地元の方々にもオススメなのでぜひ一度行ってみてください!