タピオカ

タピオカブームの波が金沢にも来てます〜。
ここのところ石川でもタピオカドリンクを
扱っているお店が増えてきました!

「タピオカミルクティー」は1980年代、
台湾が発祥で、それから全世界へ。
今やタピオカは世界的なブームになっています!

実は「タピオカ」と呼ぶのは日本だけのようで、
原料のキャッサバのデンプン製造法を、
ブラジルの先住民のトゥピ語で「tipi’óka」と
呼ぶことからきているそうです。

発祥の台湾での呼び名は、
・珍珠奶茶 [zhēnzhū nǎichá] (ジェンジュナイチャ)
・波霸奶茶 [bōbà nǎichá] (ボバナイチャ)
「奶茶」はミルクティ、「珍珠」は真珠、
「波霸」は波という漢字から泡も想像しますが、
なんと胸の大きい女性(巨乳)という意味があるそうです。

世界的にも発音は違えども、
意味としては同様に以下のものが多いです。
・パールティー [pearl tea] (真珠)
・バブルティー [bubble tea] (泡)

よく聞くところで、
ハワイでは「モミティー」 [momi tea] (モミは真珠)、
アメリカでは地域によるようですが、
波霸奶茶(bōbà nǎichá)の発音から取って
「ボバティー」という呼び方もあるようです。

いずれにしてもイメージしやすく、
ユーモアのある名付けですよね〜。
なぜ日本だけブラジルの先住民のデンプン製造法の
呼び名からとったのかは謎なところです…。

でも「タピオカ」という響きは、
南国っぽくて異国の飲み物って感じはします。

私からすると、タピオカといえば
「タピオカミルクティー」のイメージなのですが…

今回の第三次ブームは今までと違って、
タピオカ(ミルクティー)
→タピオカ(ドリンク)
→タピオカ(スイーツ)へ進化をしています!


ミルクティーだけでなく、
いろいろなドリンクと組み合わせたり、
かき氷やアイスのトッピングになっていたり。

また日本でのタピオカといえば黒いイメージですが、
元は白いタピオカで、黒いタピオカは
カラメルなどを加えて色を付けたものだそうです。

このブラックタピオカの他にも、
いろいろな色のカラータピオカがあるそうですよ。

見た目も映え(バエ)て、
夏にぴったりのタピオカ。
まだまだブームは続きそうですね!

進化したタピオカドリンク、
飲みたくなってきました♩