トランプ大統領は通訳者泣かせ?

5/25、令和時代の国賓トップに米国のトランプ大統領が来日しました。連日のメディア報道はこれまでにないにぎやかなものでした。

首脳会談では意思疎通に欠かせないのが通訳者です。通訳者は黒子役でありながら、両国の関係を左右する陰の立役者とまで言われています。
ネットでは安倍首相の通訳者がすごい!と絶賛されていました。彼は外務省総合外交政策局のキャリア官僚ですが、通訳のための勉強が半端ない!そうです。

5/27、午前11:00から始まった首脳会談。その冒頭では安倍首相とトランプ大統領の発言を両国の通訳者が相手国の言葉に訳していました。

安倍首相は切りの良いところで話を区切り、日本側の通訳者が英語に訳す。まさに逐次通訳の典型とも言えます。通訳はとてもスムーズでした。

次にトランプ大統領の番です。

トランプ大統領は通訳者泣かせなのでしょうか。

途中で区切ることなく、延々と約2分45秒も話し続けていました。すぐ後ろに米国の通訳者が控えていることは知っているはずです。米国側の通訳者はうつむいて一生懸命にメモを取りながら、トランプ大領領の顔を何度も見ていました。

その様子をTVで見ながら、私はガンバレ、ガンバレと心で声援を送っていました。私の勘違いであれば非常にうれしいのですが、米国の通訳者の表情から、早く区切ってほしいという気持ちが見て取れるような気がしました。

米国側の通訳者は、途中言葉に詰まる個所もありましたが、2分45秒の内容を一生懸命に日本語で伝えていました。日本独特の固有名詞を含んだ、膨大な量を一気に訳すのは、メモを取っているとはいえ、至難の業です。

しかし1回目の任務を無事に終えた彼に次の任務はなんと3分の壁でした!

You CAN!とエールを送り、米国の通訳者になぜか親しみを覚えた時間でした。

Amazon

最近、ネットでの購入はちょくちょくAmazonを利用している。

私は早く届けてほしいタイプなので、年間いくらか支払ってアマゾンプライム会員になった。これはお急ぎ便や時間指定配達が無料のため、早く手に入れたいときは何かと便利なのである。

いまさらながらだが、驚いたことがあった。

ノートPCのケースと外づけHDDを購入した。どこで購入しようかと調べていると、こういうものはAmazonが良いように感じた。

これも早くほしかったので、お急ぎ便にチェックし、クレジット決済した。その時に「翌日配達」が出たが、日曜日の夕方に購入決済したのだから、いくらなんでも翌日は無理だろう、2日間ほどかかるだろう、と気にも留めなかった。

ところが翌日、お昼ごろに荷物が届いたので、あまりに早さに驚いた。

決済したのが午後6時ぐらいだったので、18時間以内の配達である。

Amazonで調べたら、多くの地域では午後6時までにお急ぎ便を選択して注文確定をすることで、翌日中に商品が届きます。

と書かれていた。

関東圏の倉庫からの出荷だと思うが、受注からメール通知、商品、梱包、出荷、そして宅配業者が全国へ配達までのAmazonシステムはやはりすごいの一言に尽きた。

こういう大規模システムは米国外資がダントツ突出している。

 

Booking.com『ゲスト・レビュー・アワード』

Booking.com は1月9日、日本のプレスリリースでこのように伝えていました。

ブッキング・ドットコムは、この度、ゲストに対して日々最高のおもてなしを提供している宿泊施設へ贈られる、「Guest Review Award (クチコミアワード) 2018」を発表します。7回目となる同アワードの受賞施設は、219の国と地域にある759,845施設の中から選出されており、最低5件以上のクチコミと、それらに基づく平均クチコミスコアで8.0以上獲得した施設に対して贈られています。

私はBooking.comが宿泊施設に対して表彰していたというのは初めて知りました。しかも今年で7回目。

なぜ知ったかというと、当社が運営管理する宿泊施設の「KANAZAWA 庵 iori 」が、9.6点という高得点をいただいたからです。

宿泊者にとってお宿が居心地が良いのは大事なことですが、それ以上にホストとの心温まる触れ合いがあると、旅行が思い出深いものになりそうです。

2019年ー時間効率化

2019年今年もよろしくお願いします。

さて1月はすでに半月過ぎようとしています。

年々時間が経つのが早く感じられるようになりました。特に40代、50代そして60代に突入している現在、1日、1か月、1年の経過がとても早い。

いまさらですが「時間をもっと有効に」ということで、まず身近なところでこれまで中途半端になっていたショートカットキーをきちんと覚えたいと思います。

windows 10のキーボードショートカット

microsoftから引用し、自分に必要な項目だけ載せました。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/12445/windows-keyboard-shortcuts

コピー、貼り付け、その他の一般的なキーボード ショートカット
Ctrl + X 選択した項目を切り取る。
Ctrl + C (または Ctrl + Insert) 選択した項目をコピーする。
Ctrl + V (または Shift + Insert) 選択した項目を貼り付ける。
Ctrl + Z 操作を元に戻す。
Alt + Tab 開いているアプリ間で切り替える。
Alt + F4 アクティブな項目を閉じる、またはアクティブなアプリを終了する。
Windows ロゴ キー + L PC をロックする。
Windows ロゴ キー + D デスクトップを表示または非表示にする。
F2 選択された項目の名前を変更する。
F3 エクスプローラーでファイルまたはフォルダーを検索する。
F4 エクスプローラーのアドレス バー リストを表示する。
F5 作業中のウィンドウを最新の情報に更新する。
F6 ウィンドウ内またはデスクトップ上の画面要素を順番に切り替える。
F10 アクティブなアプリのメニュー バーをアクティブにする。
Alt + F8 サインイン画面でパスワードを表示する。
Alt + Esc 項目を開かれた順序で順番に切り替える。
Alt + 下線付き文字 その文字に対応するコマンドを実行する。
Alt + Enter 選択した項目のプロパティを表示する。
Alt + Space キー 作業中のウィンドウのショートカットメニューを開く。
Alt + ← 前に戻る。
Alt + → 次に進む。
Alt + PageUp 1 画面上へ移動する。
Alt + PageDown 1 画面下へ移動する。
Ctrl + F4 作業中のドキュメントを閉じる(複数のドキュメントを同時に開くことができる全画面表示のアプリで)。
Ctrl + A ドキュメント内またはウィンドウ内のすべての項目を選択する。
Ctrl + D (または Del) 選択した項目を削除し、ごみ箱に移動する。
Ctrl + R (または F5) 作業中のウィンドウを最新の情報に更新する。
Ctrl + Y 操作をやり直す。
Ctrl + → 次の単語の先頭にカーソルを移動する。
Ctrl + ← 前の単語の先頭にカーソルを移動する。
Ctrl + ↓ 次の段落の先頭にカーソルを移動する。
Ctrl + ↑ 前の段落の先頭にカーソルを移動する。
Ctrl + Alt + Tab 方向キーを使って、開いているすべてのアプリ間で切り替える。
Alt + Shift + 方向キー スタート メニュー内でフォーカスされているグループまたはタイルを指定した方向に移動する。
Ctrl + Shift + 方向キー スタート メニューのタイルにフォーカスがあるときに、別のタイルに移動してフォルダーを作成する。
Ctrl + 方向キー スタート メニューが開いているときにサイズを変更する。
Ctrl + 方向キー (項目に移動する) + Space キー ウィンドウ内またはデスクトップ上の複数の項目を個別に選択する。
Ctrl + Shift + 方向キー テキストのブロックを選択する。
Ctrl + Esc スタート メニューを開く。
Ctrl + Shift + Esc タスク マネージャーを開く。
Ctrl + Shift キーボード レイアウトを切り替える(複数のキーボード レイアウトが使用可能になっている場合)。
Ctrl + Space キー 中国語の入力方式エディター (IME) をオンまたはオフにする。
Shift + F10 選択した項目のショートカット メニューを表示する。
Shift + 任意の方向キー ウィンドウ内またはデスクトップ上の複数の項目を選択する、またはドキュメント内のテキストを選択する。
Shift + Del 選択した項目をごみ箱に移動せずに削除する。
右側にある次のメニューを開く、またはサブメニューを開く。
左側にある次のメニューを開く、またはサブメニューを閉じる。
Esc 現在の作業を停止または終了する。
コマンド プロンプトのキーボード ショートカット
Ctrl + C (または Ctrl + Insert) 選択したテキストをコピーする。
Ctrl + V (または Shift + Insert) 選択したテキストを貼り付ける。
Ctrl + M マーク モードを開始する。
Alt + 選択キー ブロック モードで選択を開始する。
方向キー カーソルを指定した方向へ移動する。
PageUp カーソルを 1 ページ上へ移動する。
PageDown カーソルを 1 ページ下へ移動する。
Ctrl + Home (マーク モード) カーソルをバッファーの先頭に移動。
Ctrl + End (マーク モード) カーソルをバッファーの最後に移動
Ctrl + ↑ 出力の履歴を 1 行上へ移動する。
Ctrl + ↓ 出力の履歴を 1 行下へ移動する。

まだまだたくさんありますが、今年中に使って覚えて、時間効率化したいと思います。

金沢はホテル建設ラッシュ

金沢市の中心街で、変なホテルを運営するHISの子会社がホテルを建設するという記事に驚いた。

変なホテルはハウステンボスで話題になったロボットのホテルである。ということは、金沢に恐竜や人形のロボットのホテルができるのか? 変なホテルは、IOTを駆使して今や日本のメジャーな都市に着々と増えている。

金沢市は小京都と呼ばれ、規模は小さいが多彩な伝統文化がある。2015年3月に北陸新幹線が開業してから金沢駅は様変わりし、アメリカの旅行雑誌 Travel +Leisureのweb版で、世界で最も美しい駅の1つに金沢駅が選ばれた。海外からも多くの旅行者が多く訪れ、また様々な学会も誘致されている。

金沢駅、太鼓門

今や北陸の第一線の観光地として認知されるようになった金沢市であるが、それゆえホテル不足は深刻な問題として浮上した。そこでホテルは建設ラッシュである。しかし、この金沢にロボットのホテルができるのであれば、いささかしっくりこない感がある。

写真:ハウステンボスのWEBサイトから

というのは、有名な外資系ホテル「ハイアット」がホテルと複合施設を建設するという記事に「ようやく金沢にハイアットが!」という熱い期待を感じていた矢先だったからだ。

写真:ハイアットの記事から

金沢市は人口45万6000人の地方都市である。ここには芸能文化、食文化、お茶文化などが脈々と受け継がれており、それらは庶民の手の届く範囲にある。まさに街全体が伝統文化に支えられてきた土地で、文化都市としてのステータスが高い。

そこに、金沢駅港口(西口)という立地にハイアットであれば、高級感があるし、金沢をよりグレードアップさせる要素もある。

このような雅(みやび)な背景を持つ金沢には、街のイメージを大切にし、伝統が息づくようなホテルであればと願う。